寒冷じんましんって何?

寒冷じんましんというものは、手や足などに生じるじんましんです。

ひどくなると、体中にできてしまう可能性もあるので、
おかしいと思った時点で病院で見てもらうほうがよいでしょう。

読んで字の如く、その特徴は体が冷やされた時に発疹が現れるということです。
これは、外気で冷やされた時だけというわけではないのです。
皮膚温度が下がることで、発疹が生じると思ってください。

例えば、運動をして肌が火照っている状態から、
通常の体温まで下がっていく時にも寒冷じんましんを発生してしまうこともあります。
ですので、寒い季節だけ留意しておけばいいというわけにはいきません。

夏でも、室内のエアコンで冷やされて寒冷じんましんの症状が現れる場合もあります。
それでも、冬は特に気を付けなくてはいけません。
外に出て5分くらいで、寒冷じんましんが発症する場合もあります。

寒い時には出ないのに、暑い時に出るから違うという場合、
温熱じんましんの可能性があります。

寒冷じんましんが現れた時というのは、鳥肌のような皮膚の状態になります。
それで、寒くてかゆいだけだろうと特に気にせずにいるという場合も多いようです。

けれども、強烈なかゆみに悩まされる時は、症状を抑える薬を飲むほうが良いでしょう。

自分で見ただけでは寒冷じんましんに当てはまるのかどうか迷ってしまうケースがよくあります。
そんな時にも、専門の医者に診てもらうことをお勧めします。

かゆみがおさまらないのに何のケアもしないでいると、たくさんかいてしまい、
肌が強いダメージを受けてしまいます。